生きるお金を考える

夫婦だけの生活のときにも、お葬式費用についても考える必要があり、そのとき、もう既に200万円~300万円くらい下りる保険があるときっと大変助かったという思いがあるはずです。ただし、この程度なら、もしも独身の時に入っている保険などあれば、それで満たされるかもしれません。そのとき、まだまだ結婚したからと言って高額を満たされる保険を意識するにいたらないでも大丈夫という考えもある意味では正しいです。

どうして、いろいろな人たちが、これ程までにしっかりと保険と向きあっているのかといえば、やっぱり、保険とは、生きるためのお金を紡ぎ出してくれるものであり、生きている以上、保険としっかり向きあうことは正しい姿勢だからです。夫婦で新しい生活をするという時には、やっぱりしっかり保険について二人で話し合う必要があります。そのとき、もしもパートナーが死んだら……という考えに従うのではなくて、私達が生きていく上でのお金についての話しあいなのです。

保険を含めて、私達が生きていくお金についても真剣な考えていかなければなりません。生活費、ライフプランでかかる費用について、 そして、リスクに備えるお金です。死亡だけでなくても、病気、怪我の心配もしなければなりません。

About the author

カレンダー

2016年10月
    11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31